コンビニで健康診断 薬局併設、120人が受診 佐賀市

西日本新聞

 薬局とコンビニエンスストアが一体化した施設「ローソンミズ木原店」(佐賀市木原1丁目)で31日、健康診断があり、市民約120人が受診した。

 健康増進の協定を結ぶ県と地場薬局チェーン「ミズ」が住民に気軽に健診を受けてもらおうと、佐賀市や全国健康保険協会佐賀支部に呼び掛けて昨年度に続いて開いた。

 受診者は、敷地内の老人ホームで採血と血圧測定を受けた。31日は世界保健機関(WHO)が定める世界禁煙デーに当たり、禁煙治療の相談もあった。

 後期高齢者医療の健診を受けた女性(82)は「普段は自宅から離れた病院で健診するが、きょうは近くて助かった」と話していた。

 県によると、40歳から74歳を対象にした県内の特定健診受診率は、最新の2012年度が全国平均より1・6ポイント低い42・4%という。=2015/06/01付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ