長崎県 カネミ油症 検診始まる 認定患者ら84人受診

西日本新聞

 カネミ油症患者の本年度の検診が14日、五島市で始まった。玉之浦診療所では認定患者72人、未認定患者12人が受診した=写真。

 検診では、油症の原因物質であるダイオキシン類の血中濃度や心電図、血圧など14項目を調査。採取した血液は専門機関で解析し、未認定患者については、県油症対策委員会が本年度中に認定診査を行う。

 検診は、油症患者に健康状態を把握してもらうことなどを目的に、厚生労働省の委託事業として毎年行われ、11月までに1府11県で予定。県内では15日に五島市の奈留保健センター、8月20日に長崎市の西彼保健所である。

 県生活衛生課=095(895)2364。

 =2015/07/15付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ