慈恵病院 妊娠相談、NPO設立へ 17年春めど スタッフ増員も検討/熊本県

西日本新聞

 親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を運営する慈恵病院(熊本市西区)=写真=は28日、望まない妊娠に悩む人などからの相談に応じるNPO法人を、赤ちゃんポスト開設から10年を迎える2017年春をめどに設立する方針を明らかにした。相談件数が増え、運営費や相談員の負担が大きいことが理由で、病院と切り離したNPO法人の運営により、相談員を増やすなど態勢を充実させる考え。

 病院によると、現在の常勤の相談員は助産師などの2人。法人化後は運営の状況により2、3人増員し、フリーダイヤルの回線増なども検討したいという。

 相談業務の運営費には現在、病院への寄付金も充てているが、昨年度は同病院が1千万円以上を出費した。法人化後、将来的には、寄付金が税額控除の対象となり寄付金が集めやすくなる認定NPO法人を目指すという。

 蓮田健産婦人科部長は「ゆりかごに預ける前に電話相談してもらうことが、結果として赤ちゃんを救うことになる」と相談業務の重要性を強調。「NPO法人の設立で、よりきめ細やかに相談に応じられるようにしたい」と話している。=2015/10/29付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ