中2の希望者対象 ピロリ菌無料検査 別府市新年度予算/大分

西日本新聞

 別府市は22日、中学2年生を対象に、胃がんなどの原因となるピロリ菌検査と治療を2016年度に無料実施すると発表した。新年度一般会計当初予算案に関連費約120万円を盛り込んだ。発生予防が狙いで、市によると県内では初の取り組みという。

 市では11年度から小4、中2の希望者を対象に、夏休みを中心に生活習慣病予防健診を実施。希望者はこれにピロリ菌抗体検査を追加する。陽性と診断された場合の内服治療代などは公費で負担する。予防健診実績に基づき、検査396人、治療20人を見込む。

 新年度一般会計当初予算案は474億7千万円。29日開会の3月市議会定例会に提案する。=2016/02/23付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ