緊急時 指さしで連絡依頼 飯塚市に「電話お願い手帳」 NTT西日本が100部寄贈

西日本新聞

 3月3日の「耳の日」を前にNTT西日本筑豊営業支店(飯塚市本町)は2日、耳や言葉が不自由な人向けの「電話お願い手帳」と、ファクス送信用紙「ふれあい速達便」各100部を飯塚市に贈呈した。

 電話お願い手帳はL判サイズで、「火事です。119番へ電話をかけてください」「避難場所に案内してください」などのメッセージや絵を記載。緊急時は指をさして電話の依頼ができる。かかりつけの病院や家族の連絡先の記入欄もある。市役所で斉藤守史市長に手渡した酒井次郎支店長は「多くの人に活用してほしい」と話した。

 NTT西日本は今年、筑豊の全15市町村に手帳計540部、速達便計480部を贈る。各自治体は役場などで希望者に配布する。=2016/03/04付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ