霊芝に抗インフル成分 九大チーム発見 既存薬の1.5倍の効果

西日本新聞

 九州大大学院農学研究院の清水邦義准教授(天然物化学)らの研究グループが、キノコの成分にインフルエンザウイルスの感染を抑制する働きがあることを発見した。抗ウイルス薬のタミフルよりも高いウイルス阻害効果が確認され、感染予防の健康食品や新たな治療薬の開発につながるという。26日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に論文を発表した。

 キノコは、和漢薬に幅広く用いられているマンネンタケ科に属する霊芝(れいし)。清水准教授はこれまでに、霊芝の成分が前立腺肥大や糖尿病などを改善する効果があることを突き止めている。

 研究グループは、霊芝に含まれる30超の化合物を取り出し、インフルエンザウイルスが体内で増殖するのに必要な酵素「ノイラミニダーゼ(NA)」に投入。分析した結果、強毒性鳥インフルエンザとして知られるH5N1型のNAに対し、タミフルよりも高い阻害効果があることが分かった。その効果は1・5倍に上った。

 清水准教授は「インフルエンザは常に進化しており、タミフルが効かないウイルスもある。キノコのエキスを飲むだけで感染が予防できるような商品開発につなげたい」と話した。=2015/08/29付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ