連鎖を断つ(1)13歳、飢餓寸前 母に切られた傷手首に

西日本新聞

この春、里親の元を離れる愛さん。「小学生のころは、ずっとおなかがすいていた」と語る 拡大

この春、里親の元を離れる愛さん。「小学生のころは、ずっとおなかがすいていた」と語る

ホームで食卓を囲む愛さん。「ここにもっと早く来たかった。山本夫妻にはどれだけ感謝しても、感謝しきれない思いです」

 この春、高校を卒業した愛(18)=仮名=が福岡県内の里親の家に来たのは中学1年の夏。身長128センチ、体重26キロ。小学校低学年ほどの大きさしかなかった。

 持参した服はいずれも6~7歳児のサイズで、多くに血痕が付いていた。

 「骨が浮き出るほど痩せているのに、おなかだけぷくっとふくれていた」と、里親の山本直子(58)=同=は振り返る。

 愛を診察した大学病院の医師は紙に0~10の数字を書き、「0が死、1がアフリカの飢餓状態の子ども。彼女は1に限りなく近い2だ」と説明し、深いため息をついた。「本当によく生きていましたね」

    ◇    ◇

 愛は九州北部で生まれ育った。幼いころから母と、母の交際相手の男、兄2人の5人でアパート暮らし。

 男はいつも子どもたちに暴力を振るい、一番の標的が愛だった。気にくわないことがあると馬乗りになって殴られ、木刀や椅子でたたかれた。

 この後遺症で愛は今も、怒鳴り声や大きな物音を聞くと過呼吸を起こすことがある。

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

PR

注目のテーマ