「中国リアリズムの煌めき」展 中国美術の秀作76点展示

西日本新聞

■16日から福岡アジア美術館で 
 中国政府主催の公募展「全国美術展」の秀作を紹介する特別展「中国リアリズムの煌(きら)めき」が16日、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開幕する。5月22日まで。

 全国美術展は1949年から5年ごとに開催され、毎回中国全土から数万点の応募があるという。本展では2014年に北京市で開かれた第12回展に並んだ約600点から特に選んだ76点を展示する。中国画、油彩画、水彩画、版画、漆絵、アニメ作品など幅広いジャンルで中国美術の「今」を発信する。

 展示に関連して24日午後2時、同館8階あじびホールで、中国の美術界に詳しい同館元館長の安永幸一さんが美術展の作品から見た中国社会の移り変わりについて講演。参加無料。当日受け付け。

 入場料は一般800円、高校・大学生500円、中学生以下無料。200円引きの前売り券をローソンチケットと同館7階「文化芸術情報館アートリエ」で販売。水曜日休館。5月4、5日は開館し6日休館。問い合わせは同館=092(263)1100。


=2016/04/05付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ