ベルギービールウィークエンド福岡 90種類を飲み比べよう

西日本新聞

■12日から福岡市役所前広場 
 約90種類の個性的なビールを堪能できる「ベルギービールウィークエンド福岡2016」が12日から、福岡市中央区の市役所前ふれあい広場で開かれる。かんきつ系フルーツやハーブなどスパイスの香りが特徴のビール「シュフ・ソレイユ150」などが味わえる。15日まで。

 ベルギーは、168の醸造所で、1500種類以上のビールが造られる「ビール王国」。「シュフ・ソレイユ150」は、日本とベルギーの国交樹立150周年を記念して今年発売された。ベルギー名物「フリッツ」と呼ばれるフライドポテトと一緒に楽しめる。

 12、13日午後6時半、14日午後6時に、ベルギーで活躍しているバンド「インターギャラクティック・ラバーズ」のライブもある。

 オリジナルグラスと飲食用コイン11枚をセットにした「スターターセット」(3100円)を購入。ビールや食べ物は、コインと交換する。5枚組の追加コイン(1050円)もある。

 開場時間は、12、13日が午後4~10時、14日が午前11時~午後10時、15日が午前11時~午後9時。

 問い合わせは事務局=03(5829)6878。


=2016/05/10付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ