選挙・政治漫画で学ぼう 18歳選挙権見据え特設コーナー設置 漫画ミュージアム

西日本新聞

 選挙権年齢が18歳に引き下げられる夏の参院選を見据え、若い世代の来館者が多い北九州市漫画ミュージアム(小倉北区浅野)が選挙・政治に関する漫画の特設コーナーを設置した。

 投票率の低迷が続く若者に政治や選挙への関心を高めてもらおうと市選挙管理委員会と同館が企画。「加治隆介の議」(弘兼憲史)や「クニミツの政」(朝基まさし)といった人気作品や、「国富論」「資本論」など経済や政治思想に関する書籍を漫画で解説した作品など33タイトルを展示し、閲覧もできる。「18歳選挙権」を啓発するチラシやパンフレットも置いている。

 展示作品を選んだ同館の図書担当、古川清香さんは「政治・選挙だけでなく、社会問題を扱った漫画などを幅広く選んだ。どんな社会、日本にしたいか、考えるきっかけにしてもらえれば」と話している。

 午前11時~午後7時。入館料(一般400円、中高生200円など)が必要。火曜休館。同館=093(512)5077。

=2016/05/24付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ