【宮崎・予想顔触れ】(1-3)民共社で無所属支援

西日本新聞

松下 新平 49 総務副大臣   自[無]現
                (公推)
河野 一郎 56 幸福実現党員  諸 新
読谷山洋司 52 元内閣参事官  無 新
              (民・社推)

 自民現職の松下に、民進と共産、社民3党の統一候補となった無所属新人の読谷山ら2新人が挑む。自民支持層をまとめる松下に対し、読谷山は農村部での票の掘り起こしや無党派層の取り込みに力を入れる。

 松下は商工業や農林水産業など自民支持層の約200団体に加え、公明の推薦を得た。昨年末から党の広報車で県内を巡回し、後援団体の支部も県内全市町村に設けている。公示日まで市町村単位で総決起大会を順次開き、党県連とともに組織固めを進める。

 民進が事実上の公認候補と位置づける読谷山は擁立を見送った共産、社民との共闘態勢も整った。農村部での街頭活動を続けるほか、市民団体と連携して無党派層にアピールする。今後は都市部で集会を開き、推薦を受ける連合宮崎などの組織に浸透を図る。

 幸福実現新人の河野は街頭活動を続けている。

=2016/06/02付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ