谷亮子氏、生活から不出馬表明

西日本新聞

 生活の党副代表の谷亮子参院議員(比例代表)は9日、参院選に同党から立候補しない意向を記者団に明らかにした。生活から比例代表に立候補しても、再選は困難と判断したとみられる。与野党を問わず、他の政党から立候補の呼び掛けがあれば「柔軟な姿勢で対応する」と述べた。

 谷氏は民進、社民、生活の野党統一名簿が実現すれば立候補する考えだったが、統一名簿は頓挫。「生活単独での立候補もあり得たが、難しい状況がある」と語った。

 谷氏は「6年間、法案を審議してきたが、まだ課題は残る。政治家を続ける機会があれば選択肢の一つになる」と話し、今後の国政選挙で「自分のゆかりのある地」で立候補する可能性に含みを残した。

 不出馬の意向を生活の小沢一郎共同代表に伝えたところ、「残念だ」と話したという。

=2016/06/09 西日本新聞=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ