特別展「東山魁夷」 静かに凛とした風景画

西日本新聞

■7月16日から九州国立博物館 
 日本画の代表的画家、東山魁夷の作品を集めた特別展「東山魁夷 自然と人、そして町」が7月16日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まる。静かに、凛(りん)とした空気が流れているような風景画の数々が楽しめる。8月28日まで。

 代表作「道」「緑響く」など約80件の名作を展示。「国民画家」東山魁夷の世界を堪能できる。最高傑作といわれ、構想から完成まで10年をかけた奈良・唐招提寺御影堂の障壁画が最大の目玉。日本の海の風景を描いた「濤声(とうせい)」、中国の幽玄な世界を表した「揚州薫風」など総延長76メートルに達するふすま絵全68面と床の間の絵を展示し、御影堂内部をほぼ再現する。

 入場料は一般1600円、高大生千円、小中生600円。各200円引きの前売り券を主要プレイガイドで販売している。月曜休館。7月18日は開館し、同19日休館。8月15日は開館。問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。


=2016/06/09付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ