もやもや病専門外来 九大病院、7月開設 治療法研究も

 九州大学病院(福岡市東区)は7月1日、国指定の難病である「もやもや病」(ウィリス動脈輪閉塞(へいそく)症)の専門外来を九州で初めて開設する。早期発見と治療で重症化を防ぐとともに、もやもや病患者に多いとされる遺伝子変異のデータを集めて、新たな治療法開発などを目的とする研究に役立てていく考えだ。

 もやもや病は脳の血管が細くなって血液不足が起こりやすくなる病気。症状としては、手足のまひや言語障害など。一時的に起こり回復することがしばしば見られるため、医療機関への受診が遅れることがあり注意が必要。脳卒中を招くこともある。

 原因は不明だが、九大病院によると、特定の遺伝子の変異が発症リスクの上昇に関与していることが分かっているという。

 九大病院によると、全国で年間400~500人がもやもや病と診断されており、同病院では年間10人程度の受診を想定。患者それぞれの発症リスクを考慮して経過観察を行い、必要があれば、血管同士をつなぐバイパス手術で脳内の血流の改善を図る。専門外来を担当する九大病院脳神経外科長の飯原弘二教授は「無症状でも脳梗塞や脳出血を起こす可能性がある。早期発見と適切な治療が大事」と指摘。「治療はもちろん、遺伝子データの蓄積と解析で、新たな治療法や発症リスクに関する研究に取り組み、成果を上げたい」とも話す。

 専門外来は脳神経外科外来内に置き、診療日は毎週月曜と水曜。かかりつけの医療機関を通して予約が必要。問い合わせは脳神経外科外来=092(642)5533。


=2016/06/25付 西日本新聞朝刊=

PR

PR