安野光雅のふしぎな絵本展 不思議な世界を体験

西日本新聞

■9日から福岡市 
 知的好奇心を刺激する絵本作家、安野光雅さんの作品を集めた企画展「安野光雅のふしぎな絵本展」が9日、福岡市中央区天神1丁目のイムズ8階、三菱地所アルティアムで始まる。会場では、会期中、9日以外の毎週土曜日午前11時から、万華鏡などを使って不思議な世界を体験するワークショップも開かれる。8月28日まで。

 安野さんは1984年に児童文学のノーベル賞とされる国際アンデルセン賞を受賞、2012年に文化功労者にも選ばれた。

 企画展では、デビュー作「ふしぎなえ」、森に隠れた動物を探す「もりのえほん」などの原画約60点を展示。ワークショップでは、鏡や目の錯覚を利用して、変わった手法で絵を楽しむ。参加無料。対象は4歳以上小学生まで。要保護者同伴。

 入場料は一般400円(前売り300円)、学生300円(同200円)、高校生以下無料。問い合わせはアルティアム=092(733)2050。


=2016/07/07付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ