宮崎、松下氏が3選 「全力で地方を元気に」

西日本新聞

 参院選は10日、南九州でも投開票された。宮崎選挙区(改選数1)は自民現職の松下新平氏(49)=公明推薦=が、無所属新人の読谷山洋司氏(52)=民進、社民推薦=と政治団体「幸福実現党」新人の河野一郎氏(56)を破り当選。鹿児島選挙区(同)は自民現職の野村哲郎氏(72)=公明推薦=が、無所属新人の下町和三氏(56)=民進、共産、社民推薦=と政治団体「幸福実現党」新人の松沢力氏(34)、無所属新人の坂田英明氏(45)の3新人との戦いを制した。

 今回の参院選は全国32の1人区で自民候補と野党統一候補が戦う構図となり、宮崎、鹿児島両選挙区も自民現職と野党3党が推す無所属新人との事実上の一騎打ちになった。松下、野村両氏は自民組織と支持団体が組織戦を展開し、ともに3選を果たした。投票率は宮崎選挙区49・76%、鹿児島選挙区55・85%だった。

 「自公政権しかないという選択をいただいた。地方のため、日本のため全力を尽くしたい」

 宮崎選挙区の自民現職、松下新平氏は宮崎市のホテルで「当選確実」の知らせを受けると、日焼けした顔で3期目の抱負を述べた。

 昨年10月に総務副大臣兼内閣府副大臣に就任し、安倍内閣の一員として迎えた戦い。県内各地に後援会組織の支部を設けたが、序盤は支持拡大が進まなかった。「アベノミクスの恩恵はない」「環太平洋連携協定(TPP)で農業はつぶれる」-。選対関係者の一人は有権者から反発を受け、答えに窮したと言う。

 それでも選挙戦では「地方は厳しく、増税できる環境にない」と消費税増税先送りと、秋にまとめる経済対策の意義を強調。「政治の責任で地方創生を進めて経済を好循環にし、その税収で社会保障を充実させる」と支持を訴えた。

 選挙期間中は、自民党県連組織や地方議員のほか、県農民連盟など自民支持団体が組織戦を繰り広げた。公明党との選挙協力では、県選出の自民党国会議員側が比例代表で公明の公認候補を推すことで、公明の松下氏支援を後押しした。

 一方、無所属新人の読谷山洋司氏は民進と共産、社民各党の支援を受け、安全保障関連法廃止を目指す市民団体とも連携したが及ばなかった。陣営は党派色を薄め、安倍政権に批判的な保守層まで取り込む戦術を取ったが、投票率の伸び悩みもあって支持に広がりを欠いた。

 ■宮崎選挙区得票 (開票終了) 

当 282,407 松下 新平 自現
◎ 152,470 読谷山洋司 無新
   20,354 河野 一郎 諸新

◎印は法定得票獲得者

=2016/07/11付 西日本新聞朝刊=

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ