手に汗握る驚きの技披露 ボリショイサーカス福岡公演

西日本新聞

■8月11日から福岡国際センター 
 手に汗握る技と、驚きの演出が楽しめるロシア国立ボリショイサーカスの福岡公演が8月11日、福岡市博多区築港本町の福岡国際センターで開幕する。14日まで。チケットを販売している。

 ボリショイサーカスは、ロシア連邦文化省に所属し、約4千人の団員と6千頭以上の動物を擁している。1958年の初来日以来、50年以上、全国で公演を続け、1325万人以上の観客を動員している。

 観客の胸の鼓動を速くする空中ブランコや綱渡りをはじめ、犬、猫、熊など動物のコミカルな動きが笑いを誘う出し物が人気。人馬一体で疾走する「ジギト」は、ロシア伝統のサーカスで、注目される。

 開演時間は、11日(午前10時半、午後4時半)12日(午前10時半、午後1時半)13日(午前10時半、午後1時半、同4時半)14日(午前10時半、午後1時半)。入場料は、1階指定席が5500円(前売り5千円)、2階ブロック指定席が4500円(同4千円)。

 問い合わせは福岡公演事務局(平日午前10時~午後6時)=092(708)9975。


=2016/07/12付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ