九州北部で激しい雨 飯塚では土砂崩れ

西日本新聞

 九州北部地方は13日、活発な梅雨前線の影響で、福岡県を中心に激しい雨に見舞われた。福岡県の宗像市や久留米市で避難勧告が出され、九州自動車道の一部通行止めやJRの運行見合わせも相次ぎ、交通も乱れた。北部の雨は13日夕方には弱まるが、南部では夜にかけて1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害などに注意を呼び掛けている。

 福岡県によると、宗像市で約4千世帯、苅田町でも避難勧告が出た。久留米市では約5700世帯、約1万3千人に避難勧告。福岡、北九州両市は一部地域に避難準備情報を出した。

 北九州市によると、13日午前8時ごろ、門司区の民家の石垣が崩れて窓ガラスが割れ、50代女性が手に軽傷を負ったという。福岡県飯塚市では同日午前7時半ごろ、アパート裏の斜面が崩れ、駐車場の乗用車が土砂に押し流された。福岡市南区では、民家のブロック塀が約25メートルにわたって倒壊した。いずれもけが人はなかった。

 長崎県対馬市では午前4時までの48時間雨量が約300ミリに達し、気象庁は「50年に1度の記録的な大雨」になったと発表。熊本県内では午前11時半現在、避難指示が宇土市や南阿蘇村など3市町村、避難勧告が人吉市や嘉島町など14市町村に出されている。

 気象庁によると、13日午前の1時間雨量は最大で福岡県太宰府市45ミリ▽同県飯塚市43ミリ▽長崎県平戸市56ミリ▽同県対馬、壱岐両市46・5ミリなど。14日正午までの24時間雨量が熊本県と鹿児島県(奄美地方を除く)で200ミリ、福岡県で150ミリに達する見込みで、土砂崩れや浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けている。

 JR九州は、後藤寺線新飯塚-田川後藤寺、原田線桂川-原田の各区間などで運行を見合わせた。西日本鉄道も一時、福岡-熊本など多くの高速バス路線で運休。九州自動車道は八女インターチェンジ(IC)-植木IC間の上下線などが一時通行止めとなった。


=2016/07/13付 西日本新聞夕刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ