性暴力の実相・第4部(2)カリスマ指導者が暴走

西日本新聞

 ただ強くなりたくて選んだ高校の柔道部は、暴力に満ちていた。20代になったミク(仮名)の母校は、中日本のある強豪校。全国大会常連まで押し上げた「カリスマ指導者」に、選手も保護者も異を唱えることはできなかった。部員への強制わいせつ事件で監督が逮捕されるまで-。

 中学時代に県大会で活躍したミクはスポーツコースに進学、一軒家の寮に40代の監督と女子部員数人で暮らし始めた。「弱い選手でも良い成績に導く」と県外まで鳴り響いていた監督の暴力に、すぐに震え上がった。

 エアコンの冷房と暖房を入れ間違えただけで、びんたが何発も飛ぶ。練習の内容が悪いと寮で正座させられ、殴られ蹴られる。目の周りを骨折した仲間もいたという。

 「これが当たり前。耐えないと強くなれない」。監督の指導方法を保護者たちは信奉し、実績があるだけに学校側も黙認した。顔にあざができていたミクは、母親にこう言われた。「助けてあげられなくてごめんね…」

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ