恐竜の生態を学ぶ特別展 31日まで、県青少年科学館 「恐竜アドベンチャー~真犯人をさがしだせ」

西日本新聞

■ゲームで楽しく 
 恐竜の生態を学ぶ特別展「恐竜アドベンチャー~真犯人をさがしだせ」が、福岡県久留米市東櫛原町の県青少年科学館で開かれている。ゲームを楽しみながら恐竜の歴史を学習できる内容で、夏休み中の子どもたちでにぎわっている。31日まで。

 トリケラトプスの化石発掘現場を再現、骨に残されたかみ痕やさまざまな恐竜の足跡から、トリケラトプスを殺した「犯人捜し」がスタート。トリケラトプス、ステゴサウルス、ティラノサウルスなどの恐竜ロボットや化石の展示を回りながら、肉食と植物食の恐竜の違い、恐竜が生きていた時代と生息地、肉食恐竜の特徴などを学ぶ。ティラノサウルスの歯の化石標本に直接触れることもできる。

 同館への入館料で見学できる。入館料は、一般400円、小中高生200円。31日までは毎日開館。高校生以下は、土曜日無料。問い合わせは同館=0942(37)5566。


=2016/08/08付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ