生命のメッセージ展 飲酒運転などの犠牲者159人悼む

西日本新聞

■19日から 旧大名小学校 
 飲酒運転やいじめなどで亡くなった犠牲者の等身大パネルを展示し、命の尊さを訴える「生命(いのち)のメッセージ展」が19日、福岡市中央区大名2丁目の旧大名小学校体育館で開かれる。入場無料。21日まで。

 2006年8月25日、福岡市東区の海の中道大橋で発生し、幼い3人の命を奪った飲酒運転事故から今年で10年。事故を契機に、飲酒運転の根絶を目指し始まったキャンペーン「チームゼロフクオカ」の一環。

 飲酒運転をはじめ、いじめ、医療過誤、犯罪、交通事故などで命を奪われた子どもを含む159人について、一人一人と同じ身長のパネルを展示。パネルの「胸元」には、犠牲者の写真や家族の言葉を掲示し、足元には犠牲者本人が生前使っていた靴を置く。展示を通じて、犠牲者の無念さを訴え、飲酒運転な
ど犯罪の撲滅を訴える。

 開催時間は午前11時~午後6時。21日は午後3時まで。問い合わせは「はぁとスペース」=092(692)6316。


=2016/08/13付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ