高島野十郎展 9月22日まで九州芸文館

西日本新聞

■約150点 来場者に感銘 
 福岡県久留米市出身の画家、高島野十郎の作品を集めた「没後40年 高島野十郎展-光と闇、魂の軌跡」が、同県筑後市津島の九州芸文館で開かれている。卓越した技術と強い精神性を感じさせる作品約150点が展示され、来場者に感銘を与えている。9月22日まで。

 昨年12月、福岡市中央区の県立美術館を皮切りに始まった全国巡回展の“終着点”として、古里、筑後地区で開催されることとなった。「菜の花」「桃とすもも」のほか、代表作「蝋燭」「月」の各シリーズなどが展示されている。

 高島は1890年生まれ。生前はその存在を知られることはほとんどなかった。1975年に亡くなった後、その独特な作風に注目が集まるようになった。

 入場料は一般800円、高大生500円、小中生300円。月曜日は休館。ただし、9月19日は開館、20日は休館。九州芸文館=0942(52)6435。


=2016/08/29付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ