石川竜一 okinawan portraits 2012-2016 沖縄の素顔 写真に収め

西日本新聞

 ●25日まで 三菱地所アルティアム 
 沖縄に暮らす人々の素顔を収めた写真展「石川竜一 okinawan portraits 2012-2016」が、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開かれている。市井の人々の表情から、日々の生活に横たわるさまざまな問題が透けて見えてくる。25日まで。

 石川さんは1984年、沖縄県生まれ。生まれ育った古里を舞台に、人物、風景、建物など身近なものを撮影してきた。基地問題など沖縄特有の課題にとらわれず、地方都市で生きる人々そのものに光を当てた作品が目立つ。

 展覧会に出展されている「okinawan portraits 2010-2012」は、石川さんが2010年から3年間、バイクで沖縄各地を巡り撮影した。偶然出会った人々に声をかけて撮影した作品で、15年の木村伊兵衛写真賞を受賞した。

 最新作「okinawan portraits 2012-2016」も、全国で初めて公開されている。

 入場料は、一般400円、学生300円。高校生以下は無料。開場時間は午前10時~午後8時。アルティアム=092(733)2050。


=2016/09/10付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ