台風16号、20日にも九州最接近 大雨、暴風に警戒

西日本新聞

 強い台風16号は18日、東シナ海を北東に進んだ。台風の影響で対馬海峡付近の前線が活発化し、九州地方の一部で1時間雨量が50ミリ以上の非常に激しい雨が降った。20日にも九州に最接近する恐れがあり、気象庁は警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風16号は18日午後9時現在、沖縄本島北西の海上にあり、時速15キロで移動。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

=2016/09/19付 西日本新聞朝刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ