子ども食堂の輪!全国ツアー 大分・別府市でスタート

西日本新聞

 全国各地で講演会などを開き、子ども食堂の開設を後押しする「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー」が30日、大分県別府市であった関連セミナーを皮切りにスタートした。

 この日は子ども食堂に携わる約570人が参加し、運営課題などについて考えた。初めに、ツアー実行委員会代表で食堂開設を後押しするNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(東京)の栗林知絵子理事長が基調講演。経済的事情を抱える中学生らとの出会いが食堂開設につながった経緯を説明し「子どもの貧困に対して、自分たちができることを実現していこう」と訴えた。

 大分県内で食堂に携わっている3人も活動報告。「協力者を増やしたい」「モチベーションをどう維持するか」など理念と現実のはざまで悩む実情を訴えた。

 ツアーは今後、福岡県や宮崎県など全国各地で開かれる予定。

=2016/09/30 西日本新聞=

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ