九州北部に5日最接近 非常に強い台風18号

西日本新聞

 非常に強い台風18号は4日、勢力を保ちながら東シナ海の海上を北寄りに進んだ。5日昼ごろにかけ、暴風域を伴って福岡県に最接近する見込み。気象庁は、九州への上陸の可能性は低いとしているが、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、河川の増水や氾濫、土砂災害、高波などへの警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、4日午後11時現在、東シナ海を時速30キロで北上した。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速65メートル。半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。5日にかけて対馬海峡から山陰沖を東北東に進む見込みで、各県の1時間雨量は多い所で、長崎70ミリ▽佐賀、福岡、大分、熊本50ミリ-と予測。落雷や竜巻が発生する恐れもあり、沿岸の海域では猛烈なしけとなる所がある。

 5日の交通機関は、高速バスが西鉄の福岡-島原(長崎県)、南国交通の鹿児島-長崎など一部路線で運休。空の便では、全日空など福岡空港発着の60便以上が欠航する。JR九州高速船が韓国・釜山と博多港(福岡市)などを結ぶ「ビートル」全便、九州郵船も博多港と長崎県の壱岐・対馬を結ぶフェリーなどを欠航させる。JR九州の在来線と九州新幹線、西鉄の電車と路線バスは、始発から通常運転する予定。

 長崎県や福岡県の多くの公立小中学校は5日、休校を決めている。

=2016/10/05付 西日本新聞朝刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ