高齢者対応の歯科教育を 口腔保健・健康長寿推進センター 九州歯科大が全国初設置

 九州歯科大(小倉北区真鶴2丁目)は8日、重い病気を持つ高齢者の歯科治療に特化した教育を行う「口腔(こうくう)保健・健康長寿推進センター」を学内に開設する。高齢者の歯科治療は専門知識を持つ歯科医師のいる病院しか対応できない場合があるため、地域で開業する歯科医師にノウハウを伝え、その役割を担ってもらう。このテーマに取り組む専門的な教育組織は全国初という。

 センターの大渡凡人教授(58)によると、脳梗塞や心筋梗塞の経験がある高齢の患者は、血が固まりにくくなる薬を服用している場合が多く、抜歯後に血が止まらなくなる恐れがある。抜歯によるストレスで血圧が急上昇し、脳出血が起こる事例もあるといい、高齢になるほど歯科治療には困難が伴う。

 今後も重篤な疾患を持つ高齢者の歯科受診が増えると見込まれ、「大病院だけでなく、地域の歯科医師にも高齢者の歯科治療に対応する力が求められる」(大渡教授)という。

 センターでは、心電図の読み方や血液検査などで患者の状態を把握する方法のほか、抜歯後に歯茎を縫合して止血する実技なども学ぶ。今後、北九州市歯科医師会などとも連携して15人前後の歯科医師を募集し、11月に開講する予定。


=2016/10/08付 西日本新聞朝刊=

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR