鳥獣人物戯画グッズ 好評 「京都高山寺と明恵上人」 九博で開催中

西日本新聞

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で開かれている特別展「京都 高山寺と明恵上人(みょうえしょうにん)-特別公開 鳥獣戯画」で、会場で販売中の関連商品が人気だ。「鳥獣人物戯画」のカエルやウサギなどが描かれており、特に、40~50代の女性に好評だという。

 「鳥獣人物戯画」は、平安から鎌倉時代にかけて描かれ、「日本最古の漫画」とされる。九州で初めて、全4巻が同時公開されるとあって、4日の開幕から、多くの人を集めている。

 会場併設の関連商品の販売コーナーも盛況。布製のブックカバー(千円)、和紙をコーティングしたクリアファイル(450円)、水玉模様がおしゃれなマグカップ(850円)がよく売れているという。

 販売担当者の野田絢子さん(25)は「鳥獣人物戯画に描かれたウサギやサルたちは、どれもかわいらしく、日常生活でも使いやすい」と話す。

 特別展は、11月20日まで。平日は、比較的来館者が少なく、ゆっくりと作品を鑑賞できる。一般1600円、高大生千円、小中生600円。NTTハローダイヤル=050(5542)8600。


=2016/10/25付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ