みんな違って みんな素晴らしい 6日に九州レインボープライド LGBTのTシャツ 学生がメッセージ

西日本新聞

 性的少数者(LGBT、セクシュアルマイノリティー)が、差別や偏見にさらされることなく生きられる社会を目指す啓発イベント「九州レインボープライド2016」(実行委員会主催)が6日、福岡市博多区の冷泉公園で開かれる。昨年に続き2回目。今年は若い世代の感性をより生かそうと、日本デザイナー学院(同区)の学生と連携してスタッフ用Tシャツを作るなど、イベント前に既に盛り上がりを見せている。

 同学院では、企業との連携をテーマにした授業を受けている1年生約30人が8月から、LGBTとデザインについて学んできた。2人一組で「多様性」「自由」「愛」をテーマに、計36点のデザインを考案。LGBT当事者でイベントの共同代表、あなたののぶゑさんら3人が審査し、格好が異なる6人が笑顔で手をつなぐ作品がTシャツ用に採用された。

 手掛けたのは村田明日香さん(19)と片山萌花さん(19)。心と体の性が一致しないトランスジェンダーや同性愛、異性愛のカップル3組が、LGBTの象徴である虹のようにアーチ形に手をつなぐ姿を表現したという。村田さんは「『みんな違って、みんな素晴らしい』というシンプルなメッセージを伝えたい」と語る。あなたののぶゑさんは「子どもたちにも親しまれるデザイン。学生たちは真剣にLGBTについて学び、考えてくれた。こうした機会を通じて、理解が深まっていってほしい」と話していた。

 イベントは午前10時~午後5時。音楽やダンス、スピーチのほか、午後1時から約1時間、同公園から天神を回り戻ってくるパレードがある。他のデザインは当日、会場で展示される。入場無料。詳細は「九州レインボープライド2016」のホームページで。

 ●レインボーウイーク 九州各地でイベント

 今年は、九州各地のLBGT当事者と支援者が「レインボーウイーク」という名の下、連携してイベントを開く。今後、各地で行われる主なイベントは次の通り。

 ▼福岡市 30日まで、天神のジュンク堂福岡店でLGBT関連書籍の展示や販売▽5日午後0時半~同6時半、アトリエスタジオ「ファクトリー・アンベルシュ」(中央区港)で「福岡レインボー映画祭」。LGBT関連の4本を上映。1本1000円、1日通し券2500円(学生2000円)。同7時から交流会があり、参加費3000円。映画祭と交流会の共通券5000円。会場ではLGBTの写真展「OUT IN JAPAN」もある(無料)▽3~13日、博多マルイ(博多区)でも同上の写真展。

 ▼熊本市 12日午後2時、辛島公園(中央区)に集合し、同3時から熊本市内を練り歩く「レインボーパレードくまもと」。メール=rainbowparadekumamoto@gmail.com
▽13日午後1時45分~同5時、未来会議室(中央区下通)でシンポジウム「熊本地震とLGBT」。LGBTの視点から、災害時の課題や解決策について議論を交わす。500円。申し込み不要。詳しくはフェイスブックの「Pray for Rainbowプロジェクト」。

 ▼佐賀市 13日午後1時からと同5時から、「TOJIN茶屋」で交流会。朝活ごみ拾いも。申し込み必要。主催団体アオアクアのホームページ=http://aoaqua‐niji.jimdo.com/

 ▼宮崎市 13日午前11時、宮崎市男女共同参画センターで、LGBT当事者らと軽食を作りながら交流する「レインボーオープンキッチン」。500円。主催団体レインボービュー宮崎のメール=rvm2016‐happy@yahoo.co.jp


=2016/11/01付 西日本新聞朝刊=

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ