【食の力】キノコ、おいしく健康増進 洗わない ちょい干し 保存は冷凍

西日本新聞

 秋の食卓を彩るキノコは健康面でも注目される食材。さまざまな種類が気軽に手に入るので、日々の料理にも十分生かしたい。西日本有数の産地、福岡県大木町で、特産のキノコを生かした総菜を提供するデリ&ビュッフェ「くるるん」を訪ねた。

 サラダ、パスタ、天ぷら、みそ汁、炊き込みご飯…。店内にずらりと並ぶ品々の一押しはやはりキノコを使ったメニューだった。

 たれを絡めたサイコロ状の総菜が目についた。一口いただくと、小気味よい食感、うま味がじわっと口の中に広がる。「ころころエリンギ」。季節の限定料理だったが、客からのリクエストが多く、今や人気の定番メニューとなっている。

 「キノコは繊維方向に裂いたり切ったりすることが多いけれど、これは、ぶつぶつと短く切っています」。店の代表を務める松藤富士子さん(57)が独特の食感の理由を教えてくれた。

 筑後平野に位置する大木町は「博多えのき」「博多ぶなしめじ」などのブランドきのこをはじめ、福岡でしか生産されない「ぬめりすぎたけ」、免疫力を高めるとされるベータグルカンが豊富な雪嶺茸(ゆきれいたけ)など、種類の多さと品質の良さが自慢の産地だ。

PR

PR

注目のテーマ