とれたて地元の味 いかが 博多じょうもんさん天神市場 ライブ、抽選会も

西日本新聞

■27日、福岡市役所前ふれあい広場

 福岡市内で採れた野菜など新鮮な農産物が並ぶ「博多じょうもんさん天神市場」が27日午前10時、福岡市中央区の市役所前ふれあい広場で開かれる。午後3時まで。

 地元産農産物をアピールし、地産地消を推進する目的で、JA福岡市などが主催。「じょうもん」とは、博多の方言で「上等」という意味。JA福岡市は、市内5カ所で、農産物直売所「博多じょうもんさん」を運営している。

 当日、会場に設けられる農産物販売コーナーでは、ブランドイチゴ「博多あまおう」のほか、白菜、キャベツ、ダイコン、春菊、小松菜、ホウレンソウなど収穫されたばかりの野菜が購入できる。地元産の野菜を使った料理の試食もできる。

 飲食コーナーでは、手作りみそを使った豚汁、甘さが人気の能古島産サツマイモで作った天ぷら、博多和牛の炭火焼きも味わえる。

 ステージでは、福岡県の「福岡うまかもん大使」を務めるシンガー・ソングライター、佐藤茉莉花さんのライブや、お楽しみ抽選会などがある。問い合わせはJA福岡市総合企画課=092(711)2084。


=2016/11/15付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ