川内優輝さんと新春ラン 壱岐の島マラソン

西日本新聞

■来年1月8日、長崎県壱岐市

 九州一円から小学生から高齢者までの参加者が集まる「第31回壱岐の島新春マラソン大会」が2017年1月8日、長崎県壱岐市のふれあい広場で開かれる。ゲストランナーとして、埼玉県庁職員の市民ランナー川内優輝さんがハーフマラソンに参加する。申し込みは16年12月1日まで。

 小学1~4年生と保護者が走る「1キロファミリーコース」、小学5、6年が走る「2キロコース」、中学生女子が走る「3キロコース」、中学生男子から成人男女が走る「5キロコース」、中学生男女から成人男女が走る「10キロコース」と「ハーフマラソン」の計6コースを、性別、年代別で分けた計33種目がある。ハーフマラソンの部では、1チーム5人までで、上位3人の合計タイムで競う団体戦もある。

 参加料は、小中学生500円、高校生以上は3千円、1キロファミリーは、2人分で1500円。ただし、ハーフマラソン、10キロコースに参加する中学生は3千円。上位者表彰のほか、参加賞もある。申し込み方法など詳細は、大会ホームページ。

 問い合わせは、大会事務局=0920(48)0590。


=2016/11/15付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ