25人が参加 こども記者初のバスツアー 佐賀県立宇宙科学館(武雄市)<下>

西日本新聞

 ●地球ってすごい

 きょうは7日に続いて佐賀県立宇宙科学館(同県武雄市)特集です。館内の「佐賀発見ゾーン」と「地球発見ゾーン」について紹介します。

【紙面PDF】25人が参加 こども記者初のバスツアー 佐賀県立宇宙科学館(武雄市)<下>

 ▼佐賀発見ゾーン 地元の豊かな自然に感動

 「佐賀発見ゾーン」は、太古の地球から続く地元の自然や生き物の魅力を紹介している。今回は男子6人が取材した。

 ★大昔の木から樹液

 まず、何億年も前の地球にいた生物の化石などが並んでいる。甲斐翔太記者らは「化石フロッタージュ」という体験をやってみた。アンモナイトの化石などの上に紙を置き、クレヨンのようなものでこする。すると紙に化石の模様が簡単にとれて、おもしろかった。

 6人は、熊本県の阿蘇山が約30万~9万年前、4回も大噴火を起こしていたと知り、びっくりした。北忠明記者は「火山灰は北海道まで届いたそうなので、動物たちはとても驚き、慌てたことだろう」と考えた。

 約9万年前の火砕流でなぎ倒され、佐賀県内で23年前に出土した巨木もあった。輪切りにされた幹から茶色の樹液がしみ出ていて、甲斐記者は「えっ、まだ出ているの」と驚き、来島知希記者は「命の力強さはすごいな」と思った。

 ★ムツゴロウのなぞ

 こども記者たちは、佐賀の里山の草木や昆虫の標本を見た後、地元の川や海にすんでいる魚やカニなどの水槽の前に進んだ。

 佐賀の南の有明海は、岸から遠い沖まで海が浅く、潮が引くと干潟が現れる。そこにすむムツゴロウが展示されているのを見た松下陸寿夢(りずむ)記者は「潮が満ちると、どうやって生活するのですか」とスタッフに質問した。答えは「巣穴にもぐって、また潮が引くのを待つことが多いです」だった。

 魚にくわしい来島記者は「ムツゴロウはなぜ国内では有明海と八代海(熊本県)にしかいないのですか」と聞いた。スタッフの説明によると、大昔、海水面が低かった時代に朝鮮半島と有明海が(陸地で)つながって大きな湾になっていた。そこにムツゴロウはたくさんすんでいたが、その後、海水面が上がって取り残されたのだそうだ。

 ★カニはどろを口に

 中川智裕記者は、干潟にすむシオマネキという片方のはさみがとても大きなカニを見つめた。「どろをせっせと口に運んでいた。どろの中の有機物を食べているそうだ」と驚いた。

 川瀬光生(みちお)記者は、全体を振り返り「学校では習わないことをたくさん学ぶことができた。自然を大切にすることは、命を大切にすることだと気付いた」。

 ▼地球発見ゾーン 「奇跡の惑星」実感

 ☆自転車で綱渡り体験

 「地球発見ゾーン」では、重力や大気、生命などについて体験しながら学べる。中でも人気なのは、高さ1・5メートルと4・5メートルの空中にはられたワイヤの上を自転車で渡る「スペースサイクリング」というアトラクション。早速こども記者たちも挑戦した。古川結菜(ゆうな)記者は、ペダルを踏みだすと「がたがた揺れて、下を見ると落ちそうだ」とどきどきしながらも、前だけを見て自転車をこいだ。自転車は無事、ロープを渡ることができた。落ちなかったのは、自転車の下に付けられた150キロの重りのおかげだ。体重80キロの人までなら、安全に渡ることができるという。木下奏音記者は「重力によって落ちないしくみになっている」ことを実感した。

 ☆「幸運に恵まれた星」

 こども記者は、地球に生命が存在する理由について、パネル展示から学んだ。地球には、生きものにとってちょうど良い重力があり、宇宙からの有害な放射線を防ぐ磁力があり、生命をはぐくむ水と大気がある。池田小春記者は「当たり前だと思っていた地球は『奇跡の惑星』だった」と知り、森山由里記者は「数々の幸運に恵まれた星だ」と感じた。

 倉掛愛奈(まな)記者が興味を持ったのは、「音のらくがき」という展示。金属板の上にある砂の粒子が、弓のようなもので板をこすって音を鳴らすと、模様のように形を変える装置。音は振動で伝わっているのが分かった。

 吉岡楓記者は、深海での水圧について説明するパネルに驚いた。「大きなアドバルーンを深さ数千メートルの深海にもっていくと、ピンポン玉のように小さくなるという。あらためて地球ってすごいと思った」

 ☆たくさん疑問持って

 最後に、許斐(このみ)修輔館長にも取材をしたこども記者。許斐館長の「たくさん楽しんで、たくさん疑問を持つことが重要」という言葉が心に残った堀本祐良(ゆら)記者は「自分から何かを調べたり、作ったりしてみたい」と思った。

【紙面PDF】25人が参加 こども記者初のバスツアー 佐賀県立宇宙科学館(武雄市)<下>


=2016/12/10付 西日本新聞朝刊=

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ