フィンランド・デザイン展 14日から 福岡市博物館

西日本新聞

■有名ブランド製品を販売

 優れた食器や家具などを生みだすフィンランドのデザインの歴史を紹介する「フィンランド・デザイン展」が14日、福岡市早良区百道浜の市博物館で開幕する。会場では、フィンランドを代表するブランドの製品が手に入る。3月20日まで。

 物販コーナーでは、現在では生産していない食器のほか、イッタラのガラス製品、ムーミンが描かれたマグカップなどを販売。メモ帳やクリアファイル、一筆箋をはじめとする同展オリジナル製品もある。

 また、肘掛けや脚が美しい曲線を描くアルバ・アアルト氏がデザインしたアームチェアや、大胆な色使いが特徴のマリメッコの製品、使いやすく収納しやすいデザインを追求してつくられたアラビアの食器など約700点を展示する。

 入場料は一般1400円、高大生800円、小中学生500円(前売りは各200円引き)。福岡市博物館=092(845)5011。


=2017/01/05付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ