麻生と都築電気が医療・介護で提携 新商品の開発も

西日本新聞

 東証2部の情報システム開発、都築電気(東京)は5日、麻生グループを統括する麻生(福岡県飯塚市)と資本業務提携を結んだと発表した。麻生が飯塚病院(飯塚市)を経営していることから、麻生グループの医療・介護事業のノウハウと、都築電気の医療関連システムなどを相互に活用する狙い。新商品の開発にも取り組む。麻生は2月10日までに、12億7880万円を出資して都築電気の自己株8・96%を取得する。6月に麻生巌社長が都築電気の取締役に就任する。


=2017/01/07付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ