朝倉市で-5.2度 九州北部、各地で今季最低

西日本新聞

 冬型の気圧配置と放射冷却現象の影響で、九州北部は16日朝、各地で氷点下となり、最低気温が今季最低を記録する所が相次いだ。

 福岡管区気象台によると、熊本県あさぎり町氷点下8.1度、大分県玖珠町同7.1度などと、内陸部を中心に冷え込みが厳しかった。福岡県内では、朝倉市同5.2度▽飯塚市同2.9度▽久留米市同2.4度▽福岡市博多区同1.6度。同気象台は「冬型の気圧配置は緩んでくるが、16日夜までは沿岸部などで雨や雪が残る」としている。

 福岡市中央区の舞鶴公園では堀に薄く氷が張った。周辺では白い息を弾ませながらジョギングする人や、足早に学校や勤務先に向かう人たちの姿が見られた。

=2017/01/16付 西日本新聞夕刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ