博多駅前陥没現場沈下 最大7センチ 一時通行止め

西日本新聞

 26日午前1時半ごろ、JR博多駅前の福岡市営地下鉄七隈線延伸工事に伴う道路陥没現場で、埋め戻した路面が沈下していると、工事の共同企業体(JV)の大成建設社員から110番があり、福岡県警博多署は同1時45分から周辺を全面通行止めとした。JVが現場を調べた結果、陥没範囲とほぼ同じ面積の路面が最大7センチ沈下していることを確認。その後、沈下が止まったことから、同署は道路通行の安全に問題はないとして、同5時半までに交通規制を段階的に解除した。けが人はなく、ライフラインにも異常はなかった。

 道路陥没は今月8日早朝に発生。市とJVなどは埋め戻しの仮復旧工事を急ピッチで進め、1週間後の15日早朝に道路通行を再開していた。市交通局とJVは26日午前に現場事務所で記者会見し、通行止めを起こした事態を陳謝。その上で「今後、大きな路面の沈下が発生することはないと考えている」と説明した。

 JVによると、現場の路面は陥没とほぼ同じ縦横約30メートルの範囲で平均3・8センチ沈下しており、車道と歩道の境界部分で最大7センチの沈下を確認した。路面の変化を24時間態勢で監視する現場のモニタリングでは午前0時12分の段階で沈下はなく、同0時半に最大1・5センチの沈み込みが計測されたといい、沈下は2~3時間の間に徐々に進行したとみられる。

 原因については、埋め戻しに用いた流動化処理土(セメントや固化剤を混ぜた土)の重みにより、陥没で緩んでいた地中の砂層が圧縮されたためと説明。今後、必要に応じて砂層など地盤の補強などを検討していくとした。

 市とJVは、14日に開いた大学教授や国土交通省関係者などによる有識者会議において、ボーリング調査と路面監視を続け、2・4センチ以上の路面沈下を確認した場合は道路封鎖の措置を取ることを決めていたという。ボーリング調査の暫定結果は最大8センチの路面沈下の発生が有り得ると予測しており、今回の沈下は「想定の範囲内」としている。ただ、沈下の可能性について市民には周知していなかったという。

 福岡市交通局によると、道路沈下に伴う停電やガス漏れ、通信などの被害は確認されていないという。

この記事は2016年11月26日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ