どんより雲の「大寒」 福岡県内、20日夜から雪も

西日本新聞

 20日は一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の「大寒」。福岡県内の朝は3月中旬並みの暖かさだったが、その後は気温が上がらず、大気も不安定に。福岡管区気象台は福岡、北九州両市など沿岸部に暴風警報を出した。夜にかけて徐々に冷え込み、山沿いを中心に積雪も予想される。

 県内の午前11時までの最低気温は、福岡市中央区5.4度▽北九州市八幡西区5.7度▽久留米市5.6度-など。

 福岡市・天神では雨もぱらつき、突風で傘を飛ばされそうになる歩行者の姿も。上空は分厚い雲で覆われ、午前8時を過ぎても暗く、ライトを点灯して走る車が目立った。

=2017/01/20付 西日本新聞夕刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ