燦くる~ず 2017 優雅に船で世界遺産巡り

西日本新聞

■博多港発着 10月21~29日

 優雅な大人の船旅を楽しめる「燦(きらめき)くる~ず 2017」が10月21~29日、福岡市の博多港発着の日程である。大型クルーズ船「飛鳥2」(5万142トン)に乗って、洗練された料理とショーなどエンターテインメントを楽しみながら、世界遺産や紅葉の名所などを巡る。

 博多港を出港後、新宮港(和歌山)、晴海埠頭(東京)、常陸那珂港(茨城)、石巻港(宮城)、高知港(高知)に寄港し、博多港に戻る。和歌山、奈良、三重3県にかかる熊野古道や日光東照宮(栃木)、中尊寺(岩手)といった世界遺産や、各地の紅葉、名瀑(めいばく)を観光する。

 船内では、世界的なバイオリニスト千住真理子さんによるコンサート(24日)、イタリア料理の巨匠、落合務さんが腕をふるう料理(25日)を堪能。このほか、船上パーティー、映画観賞、生バンドによるダンス、カジノゲームなどもある。

 旅行代金は、1室2人の利用で、1人41万8千円から206万4千円まで。4月30日までの早期割引もある。問い合わせはJTB九州クルーズデスク(火曜定休)=(0120)776800。


=2017/01/31付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ