学校の臨床心理士や社会福祉士拡充へ 福岡市教委 処遇改善も検討

西日本新聞

 福岡市教育委員会は10日の条例予算特別委員会で、臨床心理や福祉の視点から生徒児童を支えるスクールソーシャルワーカー(SSW)やスクールカウンセラー(SC)について、人数の拡充や処遇改善に向けて検討する考えを明らかにした。中山郁美市議(共産)の質問に答えた。

 市教委によると、社会福祉士の資格を持つSSWは、家庭や児童相談所などと協力し、生活環境の改善につなげるのが職務で、新年度は小学校22校と教育相談課に計25人配置。SCは臨床心理士の資格を持ち、子どもや保護者の心の悩みを聞き、解決に向け支援する仕事で、新年度は離島2校を除く中学校67校と市立高校、特別支援学校に計73人置く。重要な役割である一方、身分は一部を除き、ともに1年契約の非常勤嘱託職員。月額給与はSSWが約26万円(週27.5時間)、SCは約16万円(週8時間)となっている。

 委員会で中山市議は、市民グループがSSWとSCの拡充を求めて議会に提出している請願に触れながら、拡充の必要性や処遇改善についてただした。市教委は拡充について、「態勢の充実が必要となれば当然、拡充していきたい」と答弁。処遇改善については、SSWの例を挙げながら「この月給で家族を養い、市に貢献してもらえるのかという課題がある。どんな勤務形態、賃金がいいのか分析し、長期にわたり優秀なワーカーを確保できるようにしたい」と述べた。

=2017/03/11付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ