ホキ美術館名品展 29日から、佐賀県立美術館

西日本新聞

 ■精密な写実絵画70点

 写真のように精密な写実絵画が専門の美術館「ホキ美術館」(千葉市緑区)の所蔵作品を展示する「ホキ美術館名品展」が29日、佐賀市城内の佐賀県立美術館で始まる。5月14日まで。ホキ美術館の作品展は九州で初めて。

 ホキ美術館は2010年11月、千葉市にオープン。今回の作品展には、故森本草介さん、野田弘志さん、中山忠彦さんら第一人者から中堅若手の作家まで、27人の作品70点を展示する。

 4月1、8日の午後2時から、作家によるギャラリートークを開催。1日は、小木曽誠さんと塩谷亮さんが「写実絵画を読む」と題して解説。8日は、大畑稔浩さんと小尾修さんが「写実絵画と個性」をテーマに講師を務める。

 入場料は、一般1200円(前売り千円)、中高生800円(同600円)、小学生以下無料。月曜日休館。サガテレビ事業企画部=0952(23)9112。


=2017/03/23付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ