背伸びせずに楽しく生きるコツ満載! 異色のビジネス書

西日本新聞

 異色のビジネス書だ。本書は人気ラジオドラマの主人公である平均的なサラリーマンが日々、大切にしていることを分析して一冊にまとめたもの。といっても、知らない人もいるだろうから、少し説明しよう。

 日曜夕方5時からTOKYO FM系列で放送している「NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE」というラジオドラマがある。10年以上続く長寿番組で、主人公は中小企業に勤務する極めて平均的なサラリーマン安部礼司。昭和46年生まれの団塊ジュニアで社内結婚した奥さんとの間に一男一女。ドラマは毎回、安部礼司と彼を取り巻く後輩や上司、同僚たちとの日常をコメディータッチで描いている。エリートではなく、どこの会社にもいそうな愛すべき人物の象徴が安部礼司(アベレージ)だ。

 安部礼司は多くのサラリーマンがそうであるように、ドラマの中で仕事や人付き合いなど、本当に些細なスケールの小さい事件に巻き込まれる。こうしたとき、どう対処すべきか。つつましくもあなどれない安部礼司の行動をまとめたのが本書なのだ。

 したがって、普通のビジネス書に注入されている「意識の高さ」成分は微塵もない。愛されキャラの安部礼司を見習って、いかに周囲に愛されつつ生きるかが本書の目的だ。取り上げているテーマもおしなべてゆるい。「上司へのツッコミは脳内で派手に消化する」「なんだかよくわからないビジネス用語には、適当に相槌」などなど。読後は「これでいいんだ」という安心感に包まれる。テーマごとに昭和の歌謡曲が「今ツボ曲」として添えられているのも、団塊ジュニアには懐かしい。

 本書はラジオドラマを知らなくても楽しく読めるが、もし興味を持ったならぜひ一度ラジオドラマを聴いてみることをおすすめする。YouTubeにも公式でアップされているから、いつでも聴くことができる。背伸びして生きるのに疲れ、フツーに生きたいと思っている人におすすめの一冊だ。 "


出版社:マガジンハウス
書名:平均的サラリーマンの最強の生き方 なぜかうまくいってる人が大切にしている7つのこと
著者名:チーム安部礼司+TOKYO FM
定価(税込):1,296円
税別価格:1,200円
リンク先:http://magazineworld.jp/books/paper/2917/


西日本新聞 読書案内編集部

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ