第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

伊藤が制し最終局へ 女流王位戦第4局

西日本新聞

 将棋の里見香奈女流王位(25)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=に伊藤沙恵女流二段(23)が挑戦している第28期女流王位戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は7日午前9時から徳島市のJRホテルクレメント徳島で指され、午後7時11分、先手番の伊藤が135手で勝った。

 2勝2敗のタイとなり、決着は27日に東京都渋谷区の将棋会館で行われる最終第5局に持ち込まれた。持ち時間各4時間のうち残りは伊藤4分、里見1分。

 三たび相振り飛車戦となった本局。攻勢に出た里見が中盤にリードしたが、伊藤の6五歩(81手目)以下の反撃で混戦ムードに。伊藤が手にした飛車を敵陣に打ち込み、里見が5四角(94手目)と応戦して難解な終盤戦に突入した。

 伊藤は角を切って7五桂(101手目)から後手玉に迫ったが、9三玉(104手目)とかわした里見に流れは傾いた。ところが、里見に見落としがあり形勢逆転。最後は息詰まる寄せ合いを伊藤が制した。

 投了図以下、先手玉は詰まず、後手側に勝つ見込みがない。立会人の武市三郎七段は「最後は伊藤さんの辛抱が実った」と話した。

 対局の模様は西日本新聞ホームページでも紹介している。

■指し方が分からず

 伊藤沙恵女流二段の話 3筋の折衝でまずくしたが、5六角(83手目)~7五銀(85手目)で盛り返したと思った。ただ、その後の指し方が分からず、形勢を悪くした。8三金(126手目)と受けてもらい、勝てそうと思いました。

■詰むと勘違いした

 里見香奈女流王位の話 3筋の折衝では指せると思いましたが、3六歩(74手目)の前に5六歩を入れる方が勝ったかもしれません。終盤は良くなりましたが、7二竜(121手目)の時に、相手玉が詰むと勘違いしてしまいました。

=2017/06/08付 西日本新聞朝刊=

◆第28期女流王位戦の中継サイトはこちら

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ