NINAGAWA・マクベス 8月4-6日、鳥栖市民文化会館

西日本新聞

■偉大な演出家の足跡伝える

 昨年5月に亡くなった演出家蜷川幸雄氏の最高傑作とされる伝説的な舞台「NINAGAWA・マクベス」が8月4~6日、佐賀県鳥栖市の市民文化会館で一周忌追悼公演として開催される。英国や香港などで上演される世界公演の一環で、日本公演は鳥栖市とさいたま市だけ。市村正親さんと田中裕子さんがマクベス夫妻を演じる。

 シェークスピアの原作のせりふと人物設定はそのままに舞台を日本に移して大胆に演出、1980年に初演された。2015年に再演されると、海外から公演オファーが殺到。その後、蜷川さんが亡くなったが、演劇関係者からの「公演を取りやめるのではなく、追悼公演という形で偉大な演出家の足跡を伝えたい」という熱望により今回の公演が実現した。

 入場料S席9720円、A席7560円、U-25(25歳以下)3240円。6歳未満入場不可。キョードー西日本=092(714)0159。


=2017/06/08付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ