天神でクラシックvo l.26【7月26日】

西日本新聞

 「三つの大河にまつわる音楽と『田園』」と題した「天神でクラシックvol.26」が7月26日午後7時、福岡市中央区天神のFFGホールで開かれる。

 ヘンデルの「水上の音楽」、グローフェの「ミシシッピ組曲」、スメタナの「交響詩モルダウ」というテムズ川、ミシシッピ川、ブルタバ(モルダウ)川にまつわる作品のほか、美しい自然を題材にしたベートーベンの「交響曲第6番『田園』」を演奏。指揮と解説は、東京交響楽団の指揮者、飯盛範親さん。
 入場料は全席指定A席3700円、B席2900円、学生席1100円、車椅子席2900円(7席)。九響チケットサービス=092(823)0101。


=2017/07/07付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ