第72回春の院展 8月1日 福岡三越

西日本新聞

■横山大観の「綱領」特別展示

 美術団体「日本美術院」(東京)の同人の最新作や一般公募の優秀作、九州出身、在住の作家の作品などを集めた「第72回春の院展」が8月1日、福岡市中央区天神の福岡三越9階三越ギャラリーで始まる。6日まで。

 日本美術院は、岡倉天心が創設した日本画の研究団体。今回は、小山硬さんの「朝霧富士」、井手康人さんの「採花汲水」など、九州ゆかりの作家の作品を含む106点を展示する。また、福岡三越開店20周年を記念して、横山大観の書「日本美術院綱領」や、昨年8月に亡くなった松尾敏男さんのほか、平山郁夫、前田青邨、奥村土牛、小倉遊亀など、歴代の春と秋に開催される院展の図録の表紙を飾った作品を特別展示する。

 入場料は、一般500円(前売り300円)、高校生以下は無料。6日は午後5時まで。福岡三越=092(724)3111。


=2017/07/13付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ