15日、フィナーレ「追い山」

西日本新聞

 福博の街を熱気に包んだ「博多祇園山笠」は15日早朝、舁(か)き山笠七流(ながれ)が街を駆け抜ける「追い山」でフィナーレを迎える。

 午前4時59分、一番山笠・中洲流が福岡市博多区上川端町の櫛田神社前の「山留め」をスタート。神社境内の清道旗を回る「櫛田入り」を披露した後、街に飛び出し、同区須崎町の「廻(まわ)り止め」までの約5キロを「オイサ、オイサ」の掛け声とともに疾走する。他の流も5分おきに続く。

 櫛田入りでは、一番山笠である中洲流だけが途中で止まって「博多祝い唄(うた)(祝いめでた)」を歌う。七流の櫛田入りの後、人気の「走る飾り山笠」八番山笠・上川端通も登場する。

 街中では、勇壮華麗な人形を乗せた舁き山笠を、勢い水でぬれた水法被と締め込み姿の男たちが必死の形相で走る姿は圧巻。また山笠と縁の深い東長寺、承天寺(じょうてんじ)の前にも清道旗が立てられ、舁き山笠七流が転回する場面は見もの。細い街路を死力を尽くして駆ける舁き手の姿も迫力満点だ。

=2017/07/14付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ