発達障害 ITで学び支援<下>授業でパソコン「僕のやり方」 自ら考え 教諭に訴え 広がった可能性

西日本新聞

 机の上にノートパソコン、耳には雑音を遮断して話し声だけを響かせるノイズキャンセリングヘッドホン。「広汎性発達障害」と診断されている大分市立竹中中1年、甲斐潤樹さん(12)は授業中、必要に応じて情報技術(IT)機器を使う。市教育センター教育相談・特別支援教育推進室によると、市立小中学校の通常学級で、IT機器を常時使えるよう認められたケースはかなり珍しい。

 潤樹さんは入学前、生野京子校長(56)ら教諭5人の前で、約30分間の「プレゼン」をした。パソコンで資料を作り、読み書きなど苦手なことを説明した上で、パソコンやスキャナーなどの機器使用▽一度にたくさんのことを言わないでほしい▽明朝体でなく、ゴシック体を使って-など、10項目の配慮を求めた。

 そして、こう訴えた。「できないからやらなくていいと言われてもうれしくないです。できないなら、どうすればできるか、僕にできる方法はないか考えたいです。そして、もしかしたらみんなと違うやり方かもしれないけど、僕ができるやり方でみんなと同じことがしたいです。なので先生にはそれを一緒に考えてほしいです」

 潤樹さんは幼少期から集団生活になじみにくく、小学校入学後は読み書きが苦手という特性が現れた。漢字の書き取りは何時間かけてもノートのマス目に入らず、音読はたどたどしい。しかし、母親が読み聞かせると内容はすんなり理解できた。算数の文章問題も読み上げてもらえば、すらすら解けた。

 小3だった2013年、IT機器を活用した学習方法などを学ぶプロジェクト「DO-IT Japan」(東京大先端科学技術研究センター主催)に参加した。夏休みに東京で開かれた小中学生向けプログラムで、機器を使って授業を受けた。タブレット端末が文章を読み上げてくれ、黒板はカメラで写し、先生の話はICレコーダーで録音する。自らの困難に自覚がないまま参加した潤樹さんだが、「苦手なことがたくさんあって嫌になることがあったけど、大丈夫だと分かった」という。

 主催する同センターの教授が小学校を訪れて後押ししたこともあり、小4の時は授業でパソコンを使えるようになった。すると、一言二言しか書けなかった作文がすらすら書き上がり、コンクールで入賞した。潤樹さんは「僕はばかじゃなかったんだ」と喜んだ。

 ただ、担任が替わるとパソコン使用が制限された。パソコンを使うと「ずるい」と責めるクラスメートもいて、学習がままならなくなり、不登校になった。

 機器使用などが認められた中学では一転、数日しか休んでいない。成績はトップクラスといい、部活動や体育も全力で臨む。好きな生き物の研究にも力を入れ、研究成果は専門家に交じって専門誌に掲載された。

 文部科学省は、情報通信技術の活用は発達障害などで学習に困難を抱える子どもたちの可能性を高めると期待し、「通常学級でも必要なこと」とする。

 竹中中の生野校長は機器使用について「一人一人に合わせて対応したい」とするが、同中は生徒数25人で、校区外からの通学を認める市内唯一の小規模特認校の中学校でもある。市教育センターは「1人だけに機器使用を認めるかどうかは、集団生活なので他の子どもへの影響も考える必要がある」とし、一律に認められるかは不透明だ。

 潤樹さんの母親は「パソコンなどの支援機器を使えば、勉強が楽になる子はもっと多いはず。子どもたちのありのままを受け入れて伸ばす環境が小中学校に広がれば」と願っている。


=2017/07/27付 西日本新聞朝刊=

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ