稼げるビジネスマンに必要な心構えとは? 仕事への向き合い方がわかる本

西日本新聞

 2009年3月期決算で7800億円以上もの最終赤字を計上した日立製作所。リーマン・ショックによるどん底状態で社長兼会長に就任し、奇跡のV字回復に導いた川村隆氏がプロのビジネスマンが持つべき心構えを語る。

 本書でたびたび登場する「ラストマン」という言葉、ざっくりといえば「最後に責任を取ろうとする意識のある人」という意味だと、冒頭で筆者は述べている。「日立」という日本を代表する大企業での経験と、その経験に基づいたリーダー論が中心となっており、川村氏の誠実な人柄が伝わってくる内容だ。若いビジネスマンでも頷ける部分はあるものの、どちらかというと管理職、または経営者といった人の上に立つ人向けの本ということになろう。

 第2章「きちんと稼ぐ」ための思考習慣では、当事者意識、稼ぐ意識を持つことも大切だと延べている。課長レベルが対象の研修では「お金の匂いがするかどうかを見極めなさい」といっているのだそうだ。利益を出すシステムが確立されている大企業の社員ともなると、「ガツガツ金儲けしてやろう」という意識を持っている人は、意外と少なくなってしまうのかもしれない。たとえ斬新なお金儲けのアイデアを持っていたとしても、大きな組織の中でいきなり新プロジェクトを始めたりすることは困難であるのも、その一因だろう。

 章ごとに分かれてはいるものの、どこからでもスッと読め、非常に読みやすい。巨額損失を出した伝統的な日本企業を建て直すために「選択と集中」「トップダウン」「社内競争」など、改革期に必要な戦略をまっとうに行い、成果を出した過程は興味深い。

 例として挙げられている「日立」という会社の規模やプロジェクトは大きいが、要はどんな仕事であっても、プロ意識を持っていないと務まらないということ。ラストマンになる覚悟はあるか。すべてのビジネスパーソンにおくる、仕事への向き合い方と心構えがわかる本だ。


出版社:KADOKAWA
書名:ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」
著者名:川村 隆  (※隆は「生」の上に「一」)
定価(税込):1,512円
税別価格:1,400円
リンク先:http://www.kadokawa.co.jp/product/321407000273/


西日本新聞 読書案内編集部

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ