花の世界大会 10月7日開幕 ハウステンボス 世界一流の技を競う

西日本新聞

 世界で活躍するフラワーアーティストたちが最先端の技を競い合うイベント「花の世界大会」が10月7日、長崎県佐世保市のハウステンボスで始まる。11月5日まで。

 国際大会で多くの受賞歴があるフラワーアーティストたちが花を使った空間の美しさを創出する「空間デザインコンテスト」には、ドイツを代表するユルゲン・ヘロルドさんら13人が出展。現代フラワーデザイン界をリードするデンマークのニコライ・バーグマンさんら6人が、宮殿やホテルのロビーを演出する特別展示もある。

 このほか、国内の一流造園家たちが、10メートル四方の大作を築く「ショーガーデン」を同時開催。狭い空間での造園を提案する「テラスガーデン」には、8作品が出品される。マンションのベランダでの庭造りにも参考になりそうだ。

 入場料は700円(ハウステンボスへの入場料が別途必要)。ハウステンボス(ナビダイヤル)=(0570)064110。


=2017/08/10付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ